英文履歴書の効果的な書き方

組織の正式英語名を使う

会社名や、学歴の中の学校名/学部名、地名、持っている資格の名前などを英語にする時、通常使われている(又は一般に知られている)正式英語名がある場合、それを使いましょう。分からない場合は、インターネットなどで調べるか、資格名の場合は主催している団体に問い合わせると正式英語名称を教えてくれます。どうしても見つけられない場合、正式英語名が存在しない場合は、自分で訳すことになります。
場合によっては英語に訳す方がいい場合と、ローマ字表記の方がいい場合もありますので、見極めは難しいところですが、もしも周りに英語のネイティブの知り合いの方がいらしたら、違和感がないかどうか等、チェックしてもらうのも手です。

 

固有名詞、商品名、商品パッケージ名などはどうするか?

固有名詞、職歴に出てくるその企業の商品名などで、もともと英語が存在しないものや、その会社独特の用語などで翻訳が難しい場合、会社で正式な英語名があればそれを使い、もしない場合はオリジナルの音に一番近い英語、またはローマ字をあてて下さい。その場合、その言葉のすぐ横に括弧書きで、それがどんなものなのかの説明書きを英語で簡潔に書いておくようにします。英語では全く意味をなさないカタカナの商品名などには、そういった注釈を付けて読み手に配慮します。

 

職歴の書き方(一番重要なセクションです。)

職歴は会社ごとに、最近のものから過去へさかのぼって書いて下さい。英文履歴書の読み手にとっては、”今、現在”貴方が何をしているのかがまず重要です。最近のものを詳しく、古いものは簡単に説明して下さい。職歴の多い人は、特に成長ぶり、向上ぶりを見せるように、いろいろ経験をした結果、”今”○○をしているというような流れになるよう書いていくと効果的です。

英文履歴書が貴方という商品を売り込むためのセールスレターだということを常に頭において書く

仕事内容の全てを、ただ正直に書き連ねただけでは魅力的な履歴書にはなりません。貴方にどんなスキルや経験があるのかを、相手に伝えるために文章を書いているのだということを常に忘れないで下さい。すると自ずと書いたら得になりそうなこと、あえて書くことによってかえって低く見られそうなことなどが見えてきます。

例えば、一番古い職歴の最初に「三ヶ月の新入社員研修を受けた」等と書いている方がたまにいらっしゃいますが、そんなことにあえて一行使っている(忙しい読み手に読ませるためにあえて書いた)人の履歴書と、功績ややり遂げたプロジェクトのみに焦点をおいてを書いている人の履歴書を見た雇用主は、いったいどちらを戦力として採用したいと思うでしょうか?
英文履歴書は貴方の人生史の年表ではありません。繰り返しますが売り込み用の文書です。仕事内容は具体的に分かりやすく、貴方が過去に何をやった、又は今やっているのかを書いて下さい。英文履歴書で一番大事な要素は、貴方が何をしたのか、貴方に何ができるのか、です。

時々、会社の資本金や従業員数を書く方がいらっしゃいますが、貴方がその会社の創立者でない限りは一切不要な情報です。人数を書くことがポイントになる場合というのは、貴方が何人のスタッフを管理しているのか、貴方が一日に何人の顧客対応をしているのかというような内容だけです。

 

英文履歴書に絶対に入れてはならない物!

主観的な表現を入れてはいけません。「思う」、「感じた」、「自信がある」、「好きだ」等の表現です。第三者が書いているような特殊な言い回しを使い、客観文でまとめるのが英文履歴書です。作文やエッセイではありませんので、主観の入る動詞は一切使わないで下さい。過去の功績の具体的事実と、貴方のスキル(主観の入った長所などは不可)、貴方に何ができるのかという事実のみを記入してください。主観的な表現、希望事項、「○○を通して△△を学んだ」等の表現や、いわゆる「自己PR」を入れたい場合は、カバーレターの中に入れてください。

 

職歴がとても多い、またはすごく短い場合はどうする?

eResumeShopの履歴書作成サービス(現在は終了)のお客様から比較的よく聞かれた質問の中で、「職歴がかなり多いが全部書かない方がいいか?」、「短い職歴やアルバイトはどの程度書けばいいか?」というのがあります。もちろんこれも職種や、見る担当者の考え方によって答えはさまざまです。
ここでは、何人かの採用担当者の方から直に聞いた、ぱっと見のいい英文履歴書についてご紹介したいと思います。情報源はアメリカ、カリフォルニアの大企業の人事担当者の方々です。

まず、第一に職歴にブランクがないのが好まれるそうです。(これは個人的にはちょっと意外な回答でした。)転職回数が多い場合は、過去5年分くらいの職歴を書き、それ以上古いものは思い切って省いてしまってもいいとのことでした。ただ、これも応募職種に関連した職種の経験や、そのものずばり同じ職種の経験がある場合、ものすごく古いものでも書きたくなりますよね。ただ全部の転職経験を書いて、紙が何枚にもなってしまう場合は、やっぱり書かないでおきましょう。ではその書きたいものだけを書いて、書きたくないものは省くというやり方はどうか?これは大きなブランクを作らず仕上げられる場合にのみ、一番良い方法です。
次に、短い職歴や、アルバイトなどは書くべきかに関してですが、期間が6ヶ月以上であれば書いていいと思います。特に職歴が少ない、短い、又は新卒の方は、たっぷり内容をふくらませて書きましょう。バイト、正社員、派遣などの雇用形態はアメリカでは採用の際に全く気にしませんので、アルバイトだからといって特に履歴書に「アルバイト」等と明記する必要はありません。

ポイントをまとめますと、職種が統一されていて、過去5年くらいに大きなブランクがなく、何をしていたのかがはっきりぱっと見でわかる履歴書が好まれるということです。なので枚数もテクニカル系でない方は、できるだけ1枚におさめたい所です。どうしても難しい場合には、必ず二枚以内にまとめましょう。IT系の人に関しては、必ず別紙でハードとソフトのスキルシートを添えましょう。

そして、どうしてもブランクができてしまう場合、その期間何をしていたかの質問に対する答えを、面接の日に備えてしっかり準備しておきましょう。特に理由がない場合でも、何かを勉強していたとか、ボランティアに従事していたとか、なんとか切り抜けて下さい。職歴の年号などで嘘をついてはいけませんが、例えば習い事や英会話学校などに行ったことがあ る方は、そのブランク期間中に(行ったことにするくらいは嘘も方便です)集中して英語の勉強をしていた等、いろいろ工夫してみてください。

ビジネスコミュニケーションを成功させる、英語の面接で使えるコツが身につく、おすすめの本はこちらです。